アパートわんわんで暮らす5匹のわんこと生活管理人、大家の輝かしい日常(爆)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

今回はどちらまで? ~ちょこっと、遠くへ~

【はじめに 22.10.18追記】
自分のわんこの世話ができなく
募集をかけ挙句、遊びに行った記事を
載せることは反感を買いますよと
ご助言をいただきました。
また、自分の所有する犬の里親募集を
かけながらボランティアとして活動の場に参加
する大家に対し疑問をも呈して頂きました。
自分ではまったく気がつかなった視点での
ご助言ないしご意見、ありがとうございます。
それだけ、気にかけてくださっている方が
おられる。
無関心ほど悲しいことはありません。
心から感謝いたします。

当時最終行
「わんこの家族募集していますわん」
と自己所有のわんこながら
不謹慎な表現を記載した
ことについてご指摘のとおり
自重すべきと反省しております。
重ねてご指導をありがとうございます。

ブログ記事は、このとおり文字と画像で
示された情報であります。
日常の一部、断片を記事として
仕立てているわけですが
読まれる方によっては
これがすべてというイメージを
お持ちになられる方が
おられるかもしれません。
同時に、いまここにあるモニターを
通した視覚だけのコミュニケーションである。
このため、それ以外の背景については
見えづらい、または、見えない点が
あると私は考えます。お互い会って
膝を突き合わせているわけではない。
だから、雰囲気、表情、声色、考えと
いったものが伝わりづらい。

そうであるからこそ、見えづらい
見えない部分について想像を働かせ
関心を持てられるようになりたい。
その人がどんな気持ちでおられるのか。
どんな気持ちで記事をしたためられたか。
声なきこえに耳を傾けられるというのかしら。
そのようになりたい。
そのように記事を読んでいき
書かれた方を理解していきたい。
そのように私は考えています。
またこれらを意識し
人様が書かれた記事を
読まさせて頂いてます。

当ブログは犬以外の記事が
時々あります。それを反感として
捉えるのではなく、そのような
趣味や一面をもった人が書いている
記事であると、ご理解頂けますと幸いです。

ご指摘をしてくださるということは
勇気とストレスが伴う行為であると思います。
相手を思うからこその行為であると
理解しております。
指摘を受けられることは私自身の成長に
つながるとものと思っております。



なお、以下記事はいったんupしたため
上記追記、及び一部訂正にて
再掲させて頂いた次第です。 
                                   
                大家











ここから燕山壮(頂上の山小屋)まで4.5km。
自宅から職場の距離より近いのか?!

標識
って、平地の1kmと山の1kmを
いっしょにしたら、ダメダメ(笑)



しかし、雨降りそう...。
最悪、引き返すことも頭に入れてと...

合戦小屋
合戦小屋にて

そんなわけで、22.10.14
北アルプス登山入門編。

残しておいたゎ!夏休み! を活用した大家は
長野県側北アルプスに位置する
燕岳(つばくろだけ)に足を運びました。


合戦小屋から頂上まで
(北アルプス)3大急登よん!
いや、そんなこともないぜよ!!
燕岳について、ネットでいろいろな
体験が綴られてるけど

陰

急登
急登であるか否かは
人それぞれってことで
まぁ、体力や荷物の重さもそれぞれだし...

よっしゃ。雨、大丈夫だな!
しかし、山の天気はよく分からんなぁ。


空がきれいなこと。そして
登るにつれ景色が変わる。


ブナの木
シンプルであたりまえのこと。
非常に単純なこと。

でも、これらが整っているか否かで

途中にて
山頂に向かおうとする
キモチが左右するのだ。


単純であたりまえであることほど
私たちのキモチは揺さぶられるのかも...。
これが雨でかつ、視界ゼロであったらどうでしょう!!



ということで、山頂まであとわずか
登頂
お~!! 向こうに見えるは
北アルプスの山々!! だーけど、山の名前
さっぱりであってよ~!!


そうそう! 雲海。見たかったぁ!!
雲海

気になっていた山肌の質感。
景色1
へぇ~。こういう感じかぁ~!!

燕岳と言えば、必ず出てくるこの岩は
意外に小さく思え

岩
向こうの槍ヶ岳(だけは分かる)から
こっちはどう見えるんだろぅ



決めた。次年度 平日
向こう側のどれかに登るぞ(笑)

北アルプス

燕岳の稜線は、砂地のような部分もあり
稜線2
それは、海岸を歩いている気分を思わせ...

ここは山脈や、つーねん
で、この稜線を向こうに辿るのが
いわゆる表コースってわけか?



稜線から何気なく下を覗いた時
驚きと笑い。思わず合掌
何年か後の仏になった大家?!!

ブロッケン現象
冗談はさておき、すかさず
ブロッケン!!と感嘆してました。


勉強不足。ブロッケン現象って
なかなか見ることが出来ないとか?!
昼間に見たこと自体も珍しいかなぁ?
で、あるなら大家は非常にラッキーだったかもしれない。



そして燕岳頂上。
その頂きは、後ずさりすると、思わず足を踏み外し
落ちそうになるくらい狭いところでした。
22.10.14 木曜日 1:30PM 山頂は大家以外、誰も居ません。

山頂山頂にて
山頂の岩場から足を投げ出し、空をあおぎました。
空のもっと高いところを飛行機が飛んでいるのが見えました。

抜けるような青い空と秋の風
北アルプスの山々と燕岳山頂

カップに注いだ温かいコーヒーにチョコパイ。
いま、ここでしか味わうことの出来ない
究極の贅沢を堪能したのでした

チョコパイ、持って来て正解だったぁ~(笑)

...ひょっとして山頂でバーナーを使うことってマナー違反か??!
だったら、こんどから辞めとこ。
きちんと調べておかないといけないなぁ。反省...。



普段、本でしか見たことのなかった風景を
本
実際の眼で確かめてみる。
それが出来ることが、何よりの贅沢かもしれません。



そんなわけで無事登頂し、無事下山。
21:00帰宅。燕岳山行終結。

ぽぽさん
これが実現できたのも、メンバーのケアを
引受けてくださったシッターの先生をはじめ
快く休みを快諾してくださった職場の皆さん
交通アクセスを教えてくださった方
登山道で道を譲ってくださった方etc...
たくさんの方のお陰で成り立ちました。
このことをこころから深く感謝致します。

気持ちを入れ替えて


わんこの家族募集してます

何卒よろしくお願いします


スポンサーサイト

テーマ : ☆多頭飼い☆
ジャンル : ペット

2010-10-15 : THE 山 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop

大家さんの山行 ~ここ行ってみよ 舟伏山~

22.9.12 奥美濃方面の天候はやや不安定な気配。
なので、計画していた大日ガ岳は見送り。
どこ行こうか?
適当に本をめくりながら山頂からのながめがよい
にて舟伏山(岐阜県山県市)にしよ~

ということで...


なんじゃこりゃ!
伐採作業の倒木で西登山道が塞がれていたもの
ま、山頂まで伐採しているわけじゃないし~

西口
しかし、最近思うこと。
山の上にある鉄塔を組み立てることや伐採など
山中で職務に従事される方。
車両が現場奥まで乗り入れられるわけじゃないし...
すごいなぁ...と。


一方大家も
携帯
よっしゃ。連絡ないな...。
仕事携帯を片手に見ながら...アンテナ出てないやん!!
(鷲ガ岳はアンテナ出てたなぁ)


あと少ししたら、色が変わるんだなぁと
上を見たり、下を見たり

みどり

正面を見たり...
倒木
...うしろの正面だぁ~れ
じゃないけど(苦笑)、正目の黒いもの、なぁーに

出たぁ~!
まずい。くまちゃん登場か~
と思ったら、ただの岩でした。紛らわしい(苦笑)。


そうこうするうちに
山頂にたどりついたもの
(今回時間をしっかり計っていなかったなぁ)

舟伏山山頂

灌木が茂り視界は遮られ展望は得られなかったけど
夏色した空
無数のとんぼが飛び交い
山の上は秋になりつつあるんだなぁ~


帰路は東方面に向かって下山
お菓子の家
こういう印を眼にすると
なんの童話だったかなぁ。帰り道が分かるように
主人公のボクとワタシが目印にパンを置いたけど
鳥に食べられてしまったお話。
それで道に迷ったボクとワタシ。
子どもながらにドキドキしたあのシーン。
それを思い出す。
山に行った。帰れなかった...回避すべき原則。


途中、みのわ平を経て
季節になるとカタクリが群生している

みのわ平
と本に書いてあったけど
それ以外は何もないのねぇ(笑)


というわけで
東登山口に辿りついた、と!

東口
...ん?! ほんとにクマ出るんだ?! この山...!

あの正面の山が舟伏山?
下山してから確認してどうなんだろ(笑)

あれ登ってきたのかな?

...西登山口全面通行止。
入山時、まったく眼に入ってなかったこの看板。

西口
伐採現場、立ち入り禁止だったわけかー


ともnetのみなさーん。
譲渡会ない日は山にいきましょ(笑)。
今のところ、山中でわんこには会ってないからご安心を!
ゲージは不要かと思います。
小熊くらいは居るかもしれませんねぇ。
小熊ちゃん、譲渡会デビューいかがしょ?

テーマ : ☆多頭飼い☆
ジャンル : ペット

2010-09-18 : THE 山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

ともnet/from岐阜県可児市

ともnet

おしらせ


浜松市より 犬・行方不明

探しています


12 3
20年9月6日(土)
PM11:00 若林町の自宅から
出たまま帰ってきません。
見かけた方、保護されている方が
いらっしゃいましたら、ご連絡下さい。
名前:はな(雑種・メス)
年齢:8歳
体格:中型犬(14kg)
首輪:赤&緑(布製)
特徴:耳がたれている。
背中2ヶ所と、シッポの付け根が茶色
散歩が大好きですが
室内犬だった為
外には あまり慣れていません。
とても人なつこいです。
怒ったことがありません。
ご連絡は、サークル・マムさんの
メールフォームへ お願い致します。
又は、浜松保健所・お近くの
警察署へお願い致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

大家さん

Author:大家さん
ど~もぉ~

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。